NAKED LIFE -シンプルな生活で、心を豊かに-

ミニマリズムと禅の精神をベースにシンプルな生活で心豊かにする方法をお届けします。

電子書籍(Kindle)で買うべき本とそうでない本とiPad

どうもこんにちは。

 

皆さん。本はペーパーベースのものを使っていますか?電子書籍ですか?

 

僕は電子書籍を使っています。

電子書籍のいいところは場所を取らないところです。

 

今までは本屋さんに行ってその場で買っていましたが、今はGoogle検索でレビューを見てKindleで買うようにしています。

 

そこで気になるのが、電子書籍をどの端末で読むかですよね?

 

僕の場合はiPad miniを使っています。

 

KindlePaperWhiteもいいのですが、それだと電子書籍を読むためだけになり端末が一つ多くなり、管理にコストがかかります。

 

そういった理由で、僕はiPadを使っています。

 

では、なぜiPadのminiなのか?

 

それはサイズが小さく取り回しが効くからです。

この「取り回し」と言う点では、無印iPadも同じです。

僕の場合は初めて買ったタブレット端末が、7年前に買ったiPad miniなのでそれを使っているだけです。

今後買い換えるとしたらiPad無印になるでしょう。

 

必要最低限の機能は揃っており、値段もお手頃でコストパフォーマンスがいいからです。

 

さて、本は全てKindleにと言うことですが、現実的に全ての本を電子書籍でと言うことはもったいないと思います。

 

どうしてかというと、図書館で本を借りたり、中古で本を買うことがあるからです。

 

だから、形だけで電子書籍に拘らずに、「新品を買う時だけ」電子書籍にすると言う方法もいいと思います。

 

電子書籍は非常に便利です。

 

例えば家でタブレット(iPad)で読んでいて、出かけた時、電車などでコソッと読みたくなったらiPhoneKindleを開くとタブレットiPad)で読んでいたページが同期されていて続きから読めます。

 

こういった便利な機能があるので、僕は電子書籍Kindle)を愛用しています。

 

また、電子書籍Kindle)は当然ながらデジタルデータなので、在庫という概念がありません。

 

なので、売り切れの心配もなく、読みたいと思って所持金があればワンクリックですぐ読めます。

こういう意味でも移動コストがかかりませんし、電子書籍Kindle)は便利だと思います。

 

読書好きな方は、タブレットiPad)やスマホiPhone)を本棚にしてはいかがでしょうか?

 

これこそ。管理コストのかからない知恵だと思います。